Brunch with

Brunch with came to my home for my story. I made Ozoni, the traditional New Years dish and I tald about my relationship with the old townhouse / my apartment in Park Slope Brooklyn. "When we first moved in, we were very uncomfortable. The house is old. I believe the 'spirit' is watching us. I thought I had to introduce myself, try to be nice and clean, always say 'Good morning, House.' I don’t believe in the spirit so much, but it’s kind of fun to do that....."

Brooklyn withの編集ライター・Daisy Jingさんは中国出身。Brunch withの他にも、中国の雑誌やビジュアル本の編集ライターもされています。控えめな性格の女性で、でもしっかりした審美眼の持ち主。思いやりがあり、平和主義者な彼女とは、なんとなく自分と似たところがあって親しみを感じ、家がご近所という偶然も重なって、親しくしています。この日、家を撮影してくれたフォトグラファーのKimisa H.さんも中国系アメリカ人。サンフランシスコで暮らしながら、Brunch withの撮影で年に数回ニューヨークにやってきます。おもむきを感じる写真を撮る女性で、わたしの「ブルックリン散歩BOOK」では、ちょうどニューヨークに来ていた彼女に無理を言って(でも快く引き受けてくれて)表紙やわたしの写真を撮ってもらいました。二人との出会いは、2015年の、この先も育んでいきたい嬉しい出会いです。2016年もいい出会いに恵まれますように。

ストーリーはこちら→Brunch with Photo by Kimisa H.

WOODEN SLEEPERS

I visited @woodensleepers in red hook to give a copy of my "Brooklyn guide Book" which featured this amazing shop. LOVE LOVE LOVE this shop. Thank you Brian !


今日は贈呈本を Wooden Sleepers 手渡しに出かけたら、すごく喜んでくれて、キュートなポーズまでとってくれて、とても暖かいメッセージを添えてInstagramにもシェアしてくれました。メンズのヴィンテージショップだけど、大大大好きなお店です。

Barney Greengrass

 " We've been a New York tradition since 1908" 

Barney Greengrass is one of my favorite old New York shop in Upper West Side. Enjoyed their home made cold borscht and whitefish sandwich today.

image.jpg

1908年創業のこのお店に。 私はこの後、ここで長年ファンのベッドミドラーに出会うのであった。ああNY。ほとんど素顔のベッドミドラーが入って来たとき、みんなすぐに気がついたんですが、写真を撮る人や声をかけるひとは誰もいませんでした。そこがニューヨークのいいところでもある。ほんとはすごーく写真を撮りたかったし、声もかけてみたかったけど!

image.jpg

"Good morning" to the house 

家に「おはよう」って言うのが、朝の習慣になりました。1897年に建てられた古い家は、今は私が住んでいますが、時の流れとともにいろんな変化を受けとめてきました。そんな過去に想いを馳せていると、私の中に、この家をリスペクトする気持ちが生まれて、すると、家の中の空気がフワっとやわらかくなる。まるで、この家と対話しているかのように。

"Good morning" to the house has become my morning ritual. My house is old, built in 1897, flowing along with the course of time: histories, societal changes, generations of owners and tenants coming and going; altered very little over the decades, the turns of the centuries. A silent witness, home and shelter. When I thought of it, I felt respect for this old house and the house answered me with soft and warm air. 

WilliamsburgのGraffiti

ブルックリンが注目を浴びるきっかけになったWilliamsburgへ髪を切りに出かけてきました。私が暮らすPark SlopeからはGトレインに乗ってMetropolitan Aveで下車(約30分ほど)。そこでLトレインに乗り換えて(Gトレインとは構内でつながっていますが駅名はLorimer Stに変わります。)一駅目のBedford Ave駅が、Williamsburgの最寄駅。改札を出て階段を上がると、早速こんなGraffitiが目の前に。今も若者に人気の街。南ブルックリンとは趣がガラっと変わって、若くて、コマーシャルな風景と出会う街(左はAndy Warhol、右はJean-Michel Basquiat)。

image.jpg

Reading time with Seaweed 渡辺有子ちゃんから

ひょんなことから、ご本人から「365日。小さなレシピと、日々のこと」を送って頂くことに。届いた小包を開けてみたら、懐かしい酢昆布が!昆布を噛み締めながら読書。いいなぁ、このセンスに脱帽です。有子ちゃんと初めて会ったのはいつだろう?多分、私がはじめて本を出した1998年頃。まだケータリングのアシスタントのお仕事をされていたような。ほとんどお会いする機会がないままに、ご活躍は友だちを通して、そして、もちろんご本を通して拝見しています。昆布がきっかけに(?)ー今から再会が楽しみです。ありがとう。

image.jpg

Maggie Gyllenhaal

ニューヨーク生まれの俳優、マギー・ジレンホールが、Park Slope 在住と知ったのは、かれこれ5年前のこと。ファンの私は、彼女の家の前を通るたびにソワソワしています。そんな彼女が2015年ゴールデン・グローブで主演女優賞 (ミニシリーズ/TV映画部門)を受賞。TVに向かって思わず、やった!と叫んでしまいました。そして、MattaのCristinaから、次女ちゃんがMaggieと同じ学校に通っているから、今度一緒にお迎えに行く?と言われて、心は有頂天中です。

 

 

image.jpg

Five Leaves

Williamsburg とGreen Pointの中間、Nassau Av駅の近くにあるFive Leavesは、朝ごはん、ランチ、夕ごはんまで、ノンストップで混んでいるカフェです。新しい店がどんどんできても人気は衰えない。わたしも、WilliamsburgやGreenpointでのランチにはここを選びます。この日の気温はマイナス4℃。それでも中は大混雑でしたが、外はずいぶんと静かで、雪もきれいだったから、記念に写真を一枚撮りました。

image.jpg

ここのメニューは、どれもポーションが大きくて、わたしは一人では食べきれず、シェアすることが多いです。

Snow day 突然の雪に

「Park Slopeにもいよいよ冬本番がやってきました。」今日はそんな気持ちになる朝の風景でした。今年はどのくらい積もるのかなぁ。−8℃だって歩きますよ。スーパーへも歩いていく。寒さに文句は言っても、美しい風景に、ため息をつく回数は、何年住んでも変わりません。

image.jpg

雪の朝、Prospect Park

雪の翌朝、待ちきれない気持ちを抑えつつプロスペクトパークへ。いたいた!寒いのへっちゃらで、雪のフィールドで遊び回る犬たち。いつか私も、あの中に入ってみたい。そんなことを考えながら、空の上のJayeを想う。

image.jpg
image.jpg

Diner at South Williamsburg

 日本から来ている友だち家族の”アメリカらしいお店に行ってみたい” というリクエストに応えて、雪が降るのを知りつつ出かけたSouth Williamsburg。この「Diner」という名前のダイナーは、雰囲気もいいし、美味しいし、マンウォッチングも楽しい。私は、trout(スモークトラウト)と目玉焼きとハッシュドポテトのプレートを選んでみました。見た目は「ふう〜ん」でしたが、素材を少しずつ、全種類フォークに乗せて、せーのっパク!モグモグと食べてみたら、美味しい美味しい!

image.jpg
© Asako Ueno